鶴居村森林組合

鶴居村森林組合

山のことなら鶴居村森林組合にお任せください。

​//造林//保育//間伐//山の相談//所有者の変更//その他
鶴居村は釧路市の北西に位置し、釧路湿原に流入する雪裡川、幌呂川、久著呂川の流域に沿って広がる原野から構成される平坦から緩傾斜地形地帯です。
村の面積は572k㎡、このうち森林面積は総面積の約64%を占め、そのうちの6割が私有林で、一般民有林のうち人工林は約30%程度で生産材の多くは合板、梱包材、パルプやチップ材などに消費されており、当組合で生産するおが粉の利用が進んでいます。
村の長期計画における林業は、今後需要が高まるとされる人工林の大径木生産に向けて未来計画を樹立するなど、森林・林業再生に大きな期待をしています。
また、鶴居村は釧路湿原の上流域に位置することから、釧路湿原自然再生プロジェクトの関係行政機関であるとともに、当組合もオブザーバーとして参画しており、上流森林として自然環境に配慮した森林施業が求められています。
このような状況のなか、地域産業としての林業再生 をはかりたく、平成22年度に森林林業再生プラン実践事業が採択され欧州フォレスターから安全管理、基幹道及び作業システム等の技術を学ぶ機会を得て、自 存の林業技術レベルを再認識するとともに、林業再生の必要性を強く感じています。

経営理念

<50年、100年先の未来のために>
森林や人との繋がりを大切にし、人々が豊かになる社会に貢献します。
未来へ繋がる豊かな森林、環境を育て、守り、地域社会に貢献します。
地域森林管理の核となり、持続可能な林業を目指します。

経営方針

村内山林を適正に管理し、水土保全や生態系などの森林環境を守り、良質な木材を生産することにより、組合員の利益確保を目指します。
新たな時代のさまざまな森林管理法を提案し、村内の森林育成にも貢献します。
将来の森林を担う人材を育成し、地域社会の活性化に貢献します。
森林環境、地域社会、組合員への貢献のため、役職員一丸となり努めます。 ​

Shop Info一覧へ

鶴居村観光協会 鶴居村農泊宣言。